小笠原でイルカと『ドルフィンスイム』を楽しもう!

dolphin_swim

1:イルカと遊ぼう

小笠原の海の青色はとても綺麗で、別名「Bonin blue (ボニンブルー)」といいます。その独特の美しさは沖合の海で泳いでこそわかります。そして島の沖合にはイルカが泳いでいるので、機会があればドルフィンスイムを楽しむことができます。
あなたもぜひチャレンジしてみませんか?

2:イルカの種類について

イルカと遊ぶ前に、イルカの種類について知っておきましょう。
小笠原に生きるイルカは二種類います。ハシナガイルカとミナミハンドウイルカです。
ハシナガイルカは40頭から100頭の大きな群れで泳いでいるのが特徴です。臆病で、人間が海に入ると怖がって逃げてしまいます。だからハシナガイルカに会えたときは海には入らず、船の上から観察を楽しみましょう。

3:ミナミハンドウイルカと泳ごう

ミナミハンドウイルカはハシナガイルカに比べ、好奇心が旺盛です。人間をあまり怖がらず、むしろ好奇心を持ってくれています。あまり大きな群れでは泳ぎません。少ないときは1頭から多いときで16,17頭の群れで泳ぎます。
人間と一緒で、イルカにも個性があります。人間と泳ぐのが好きなイルカも、あまり好きではないイルカもいます。
イルカと遊べるのはイルカがその気持ちになったときだけです。イルカに感謝と尊敬を込めて、海に入りましょう。

4:ドルフィンスイムで気をつけたほうがいいこと

ドルフィンスイムは体力を使うスポーツです。深い沖合を泳ぐことは予想以上に体力を消耗します。海に出る前日はしっかり休み、体調管理をして望みましょう。
またシュノーケリングの練習をしっかりとしておきましょう。まずは浅瀬の浜辺で、慣れてきたら浜から徐々に深い海で泳ぐのがいいと思います。
シュノーケリングに自信がないときは必ずライフジャケットを着けて泳ぐことをお勧めします。

5:イルカと楽しく泳ぐために

イルカは繊細な動物です。触ろうとすると、怖がって逃げてしまいます。
また腕が前に出ていると「触られるのではないか」と感じ、やはり怖がります。ですから腕は後ろに回して泳ぎましょう。
泳いでいるときに、イルカと目が合うことがあります。それはイルカが一緒に泳ぐことを楽しんでくれている証拠です。
さぁ、あなたもイルカと一緒に泳いでみませんか?

ABOUTこの記事をかいた人

1976年生まれ。写真家&文筆家。幼少期に虐待を経験後、中学で不登校に。20歳通信制高校へ進学+22歳法政大学へ入学。25歳で躁うつ病を発病後、フリーランスカメラマンに。2010年キヤノン写真新世紀佳作受賞。2013年小笠原諸島移住中にスイスで写真展を開催。2016年鎌倉に移住。2019年小笠原&鎌倉の多拠点居住を開始。